zara

ZARA(ザラ)300店も閉店?!日本ではどの店舗が残るのか?

スペインのアパレル会社『インディテックス』のブランドで日本でも大人気の”ZARA”から衝撃のニュースが!!

店舗を大幅に閉店する

というもの。

世界の88以上の国に店舗をおくブランドだけにファンも多く

「どうなってしまうの?!」

「ZARAなくなったらもうどうしていいか・・・

という声まで上がっています。

かくゆう私もデニムはZARA一択!なので本当に気になります。

  • 日本の店舗はどの程度閉店されてしまうのか
  • どんなお店が対象になるのか
  • 今後どうなっていくのか

について見てみたいと思います!

ZARAの大幅閉店!グループ1200店舗?!

るー世界各国に、なんと7000を超える店舗も構えるブランドとして沢山の人から愛されているブランドです。人気の秘密はデザイン性と価格。企画から製造販売まで自社で行っていることで他の業者を通さず販売価格を抑えているというのが安価に販売できるポイントのようです。

これまでは店舗数を増やして売り上げを上げていく戦略を元に右肩上がりに売り上げを伸ばしてきたようですが、感染症で売り上げ減をきっかけに販売に対する姿勢を見直すというスタンスに切り替えたのが今回の閉店における判断のようです。

具体的には『世界の販売店のうち300店を閉店させる※インディテックス全体で1200店舗』というもの。2021年までに閉店とのことで、1年半くらいかけて店舗を減らしていくという計画になっています。

スポンサーリンク

日本店舗も閉店対象に?!どの店舗が残るのか?

今回の閉店においては小規模店が対象になるということのようです。

日本には2020年6月現在で103店舗販売店がありますが、そのうち首都圏に店舗が密集しています。取り扱いのラインがWOMANのみの店舗もかなりありますが、そういった店舗が対象ということになるのかもしれません。。

もちろんそれだけ需要があり出店したのだと思うので、店舗ごとの売り上げ規模も関係してくるのだと思いますが・・・

近年銀座のH&M等立地の良い場所からの閉店が印象にあります。オンライン販売を強化していくのであれば、極端に高い固定費を切り替えるのは自然な流れといえるかもしれません。

日本の店舗検索はこちら

今後ZARAはどうなっていくの?

今後はオンライン販売を更に強めていくべく1200億もの資金を投下していくことが決定されているようです。

オンライン販売に対応できるような仕組みの構築や、人の拡充もしていくようなので、閉店した分の店舗売上をオンラインで売り上げられるような仕組みを作ってくれると思います。

実際消費の動向がオンラインに向いているというのは確かかもしれませんが、リアルにものを手に取れないのは購買意識下がるなというのが私個人の意見です。店舗の綺麗な展示の中で気になった複数をチョイスしてみるというのが今までだったので。。。

でも、以前ZARAでもやっていた時期がありましたが試着できる(返品の手数料が無料)だとかそういった対応もきっと検討されているのかな。VRで商品をリアルに見れるとか・・・

いずれにしても販売店に行くようにオンラインでお買い物できるようになる新たな仕組みを作ってくれるのかな?と期待もしたいと思います♪

まとめ

日本でも店舗が閉店になってしまうのか、とっても気にになりますね。

すぐに閉店というわけではなさそうですし、試着感覚で商品がオーダーできると子育て中にはとても有り難かったZARAの返品無料のサービスみたいに新たにもっとお買い物しやすい状況を作ってもらえたら、、、と思いますね!今よりもより良いお買い物ができるステップになるのかも?と楽しみにしたいと思います。